« 「中国空瓶(株)」 | トップページ | 羽田空港新国際線旅客ターミナル »

2011年3月 1日 (火曜日)

慌てて。。。


まだまだ冬だと思っていたところ、先日、reveille さんから、「ところで、あお父さん、ブルーベリーの剪定と施肥は順調ですか?」って、コメントを頂戴しちゃいました。



気がつけば・・・。」の記事に書いたように、春はもう目の前まで来ていたんですね。こたつにズッポリと入りっぱなしでしたので、春が近づいて来ているのに、ちっとも気がつきませんでした。
(^_^;)



と言う事で、1月にちょろっと剪定したブルーベリーの剪定の続きを、慌ててやろうと思いました・・・・。

・・・が、既に花芽が大きくなって来ていて、勿体なくて切るに切れず状態でして・・・、思いっきり混んだ部分だけの剪定となっちゃいました。

2011年2月27日

ねっ!
こんなに花芽が大きくなっちゃったら、その枝、とっても勿体なくて切れませんよねぇ~・・・・。って、僕だけですか???

今年は、思いっきり強く剪定して、花芽を少なくして、大きな実を付けようと思っていたのですが、ついつい貧乏根性が出てしまいました。。。
わっはっはぁ~



で、剪定後は、こんな感じです。枝の感じが、ちょっと分かり辛いですね。。。
下の画像は、庭先のブルーベリーたちです。

2011年2月27日



こっちは、金魚小屋脇のブルーベリーたちです。これまた、日陰になっちゃったりして、枝の感じがよく分かりませんね。

2011年2月27日



これも金魚小屋脇です。
右が、チャイナブルーベリーニイハオで、左がブライトウェルです。
このチャイナブルーベリーニイハオは、昨年末に結構思い切って、剪定したのですが、それでもまだ込み入っているようですね。

2011年2月27日

このブルーベリーたち、剪定の後、少し残っていたブルーベリー用の肥料をばらまいて、過リン酸石灰もついでにばらまいて、さらにおまけに魚粉のペレットもばらまいたりして、その上から硫安と我が家の怪しい液体を薄めた物をじょうろで撒いておきました。

まぁ、何と言うか、納屋の中にあった物を手当たり次第にやってみたってところでしょうか。。。



下の画像は、シャシャンボのその後です。

2011年2月27日

ポットの中で、霜柱にも耐え、ここまで大きくなって来ました。今年の冬前には、畑へ定植できるでしょうか?
2011年2月27日



一方こっちは、春の日差しをたくさんあびて、のんびりしている、我が家の柴犬「あお」さんです。伸び伸びと、くつろいでますねぇ~!!
こっちは、剪定不要です。。。

2011年2月27日



日差しをあびて暑いのか、砂利にお腹を付けて、綺麗な開きのポーズですねぇ~。何気に伸ばした前足が、可愛いです。

2011年2月27日



それにしても、reveille さぁ~ん、コメントをありがとうございました。春が近づいているのに、気がつかないところでした。ブルーベリーたちのお世話をずるずると先延ばしにしていましたので、良いきっかけになりました。



| |

« 「中国空瓶(株)」 | トップページ | 羽田空港新国際線旅客ターミナル »

コメント

やっぱりあお父さんちのブルーベリーは大きいですね~。写真で、このくらいブッシュ状になっているのですから、葉が付いたら相当なサイズですね。今年はますます収量アップになります様に・・。うふふ、今年も怪しい液体がご活躍の様ですね。う~ん、やっぱりさすがにこれだけの施肥をされたら木も丈夫で病害虫に強い気がします。我が家は、昨年末に畑に植え付けたばかりなので、今年はIB化成をメインで菜種油粕を少しで試してみています。怪しい液体の代わりに木酢液をあげてみようかな(笑)

それからシャシャンボのアップ、ありがとうございます。m(_ _)m
無事に元気に生き残ってくれていて、とても嬉しいです。感謝感謝ですよ~。

あお君、のんびりと癒し系ですね。

投稿: Reveille | 2011年3月 4日 (金曜日) 午前 01時06分

Reveille さぁ~ん、こんばんはぁ~っす!

コメント、ありがとうございます。
勿体なくて、剪定が十分に出来ませんでした。
怪しい液体は、1万倍程度に薄めて撒いていますが、効果があるのか?ないのか?全く分かりません。。。
(^_^;)

シャシャンボ、何とか冬越し出来たようです。
とは言いつつ、今夜は氷点下にまで気温が下がっています。

投稿: あお父(あおちち) | 2011年3月 4日 (金曜日) 午後 10時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慌てて。。。:

« 「中国空瓶(株)」 | トップページ | 羽田空港新国際線旅客ターミナル »